リストラ後の転職

不況続きで自分の勤務労働寿命より、企業寿命の方が短くなってきています。現在では、副業を認めている企業や本職が3つ4つある方が増えています。会社が倒産、またリストラされる前に自分の生涯キャリアプランをしっかり見直し、引き抜きや転職が容易なほどの汎用性のあるビジネス力を身につけておく必要あるでしょう。転職という発想だけではなく、どこに所属しても必要とされる自分だけの能力、キャリアを診断する意味でも転職エントリーに応募して経験としても踏まえて転職の捉え方をするという発想もあります。クビやリストラになってからでは遅いので、転職という選択肢も視野に入れておく必要もあります。

リストラ後の転職理由は?

リストラされる前に転職、リルトラ後の転職、予防系

転職祝い金も

転職サイトBlastは転職成功者全員に対して、転職祝い金(契約金)として25万円以上の現金を支払う国内初の無料転職支援サービスです。
プロスポーツ選手のように転職FA(フリーエージェント)宣言が出来るオリジナル機能も満載です。

転職の方法

Wiki参考。

転職先を探す手段として、いくつかを以下に示す。
知人の紹介・勧誘
人材紹介サービスの利用
ハローワーク
自分で探す
転職情報サイト
企業のホームページ等で公開されている求人情報
転職情報専門の雑誌
※ その他、一般に本人から自発的に探しているわけではない形態としては、「引き抜き(スカウト)」も稀に存在する。

自営業では、求人情報を公にしていない企業も多く、知人の紹介・勧誘による転職が比較的多い。また、スピンアウト時も同様な理由で、紹介・勧誘という手段が使用される。
高度に専門的なスキルを持っている人材に対しては、引き抜きが行われることがある。引き抜き対象の調査や調整負担が大きいため、専門の企業が仲介することも多い。また、その人物を辞めさせたい企業が裏で(場合によって表でも)転職専門企業と連絡を取って引き抜きを演じることにより、トラブルなく気持ちよく辞めてもらおうという戦術も取られる。 転職情報サイトが提供するスカウトサービスとは基本的に別物である。
人材紹介サービスでは、転職希望者にヒアリングを行い、自社が保有する求人情報のうち適当なものを提案する。求人情報には、非公開のものも含まれることがある。